業界ニュース

マルハン中間決算、減収増益

2019/12/06

遊技場経営最大手のマルハン(韓裕社長)は12月5日、2020年3月期 中間期の連結成績(2019年4月1日〜9月30日)を自社ホームページ上で発表した。 それによると中間期の売上高は前の年に比べて0.5%減の7,763億 […](⇒続きを見る)

西陣、パチンコ春夏秋冬にV確STの甘デジ版を追加

2019/12/06

西陣はこのほど、人気シリーズ機の甘デジバージョンとなる新機種「P春夏秋冬 GLB」をリリースした。 新機種の大当り確率は、1/99.90(高確率1/58.62)でST70回を搭載したスペック。確変割合は、特図1で50%、 […](⇒続きを見る)

PAAが総会および講演会を実施、行政担当官は広告宣伝の健全化推進に期待感

2019/12/06

ぱちんこ広告協議会(PAA)は12月4日、都内港区のTKPガーデンシティ品川で第3回社員総会および講演会を開催した。挨拶した大島克俊理事長は、4期目に突入する同会の今後について言及。「4期目では、成果という形で実をつけな […](⇒続きを見る)

広島のプローバが取引企業との交流会を開催

2019/12/05

広島を中心に島根、山口におけるパチンコホール運営をはじめ、介護福祉支援、人材開発、ゲームなど幅広い事業を手掛けるプローバグループは11月29日、広島市のANAクラウンプラザで「プローバグループお取引先様との交流会」を開催 […](⇒続きを見る)

SANKYOがパチンコ新台、RUSH継続率は約83%、RUSH中出玉ALL1230個の1種2種

2019/12/05

SANKYOはこのほど、パチンコ機の新機種「闘将覇伝」(JB製)をリリースした。 1種2種タイプのミドルスペック機となる新機種の大当り確率は1/319.6。大当り後は主にいわゆる突破ゾーンに滞在、約53%となる突入率をク […](⇒続きを見る)

依存防止対策調査の機構宛承諾書が4,400通超える

2019/12/05

遊技産業健全化推進機構は12月4日、来年1月から実施する依存防止対策実施調査で必要となるホール経営者の「承諾書」の数が、同日までに4,400通を超えたと発表した。機構事務局では現在、提出された承諾書の記載内容の最終チェッ […](⇒続きを見る)

アミューズがEAFF E-1 サッカー選手権大会を協賛

2019/12/04

大阪府のホール企業・アミューズは12月10日から韓国の釜山で開催される「EAFF E-1サッカー選手権2019決勝大会」にオフィシャルスポンサーとして協賛すると発表した。 東アジアサッカー連盟が主催するこの大会は、東アジ […](⇒続きを見る)

「依存問題対策実施確認シート」、12月から運用開始

2019/12/04

全日遊連は11月29日、新たな依存対策として各ホールで記入・保管する「依存問題対策実施確認シート」の運用を12月より開始することを決め、確認シートと記入要領を各都府県方面遊協に送付した。 確認シートは、店舗の管理者がおお […](⇒続きを見る)

ホール5社の依存対策勉強会に10社81名が参加

2019/12/04

ダイナムは11月25日、静岡市のレイアップ御幸町ビルでホール企業社合同の勉強会「依存について考えよう」を開催した。この勉強会は、昨年1月に合田観光商事、ダイナム、ニラク、マルハン、夢コーポレーションの大手ホール5社が合同 […](⇒続きを見る)

全日遊連が「ドリームクルーン2」の再販を通知

2019/12/04

全日遊連は11月29日、各都府県方面遊協に対し、オーイズミ製の低価格回胴式遊技機「ドリームクルーン2」の再販について連絡を行った。 全日遊連とオーイズミでは、旧規則機との入替で逼迫しているホールの経営負担を軽減するため、 […](⇒続きを見る)

高尾がパチンコ沼最新作、高突入率と高継続性を両立したST機

2019/12/04

高尾は12月3日、都内上野のショールームで同社の人気シリーズ最新作となるパチンコ機の新機種「P弾球黙示録カイジ沼4 カイジVer.」をプレス発表した。 ミドルタイプのV-ST機となっている新機種は、大当り確率1/319. […](⇒続きを見る)

サミーが優勝賞金331万円でパチスロのスキルを競う大会を開催

2019/12/03

サミーは12月3日、パチンコ、パチスロの技術(スキル)を競う大会「P-SPORTS(ピースポーツ)」の第一弾として、優勝賞金331万円をかけた「超ディスクアッパー選手権」を開催することを発表した。競技には専用機「超ディス […](⇒続きを見る)

ページトップへ