【外部集中端子板検査器】データラインテスター

  • パンフレット
  • 取付説明書
  • 紹介動画

製品スペック

分類
検査器
対応メーカー
主要スロットメーカー
対応機種
主要スロット機
製品名
【外部集中端子板検査器】データラインテスター
価格
36800 円(税抜)

製品特徴


スロット筐体において、誤差メダル発生の原因の一つとして、外部集中端子板の不良が考えられます。この原因を追究する際には、多くの時間が必要になると思います。外部集中端子板検査器「データラインテスター」は、外部集中端子板の検査を簡単に行う事ができ、調査時間の短縮が可能となります。

 

本製品概要

  • 対応外部集中端子板型式:Ⅵ型、Ⅵ2型、Ⅵb2型、Ⅵ3型、ユニバーサル型、京楽型、三洋型
  • 外部集中端子板検査時の投入500枚、払出500枚(合計1000枚)に相当する作業をわずか約40秒で高速チェック
  • 外部集中端子板からホールコンピューターまでのデータライン検査が可能
  • 弊社独自開発のロジックにより、判定結果に高い信頼性を実現
  • 劣化が進んだ不良となる可能性のある外部集中端子板の発見も可能
  • 検査に必要な配線、部材はすべて付属

 

ご使用頂いたお客様の声

  • ケース1
    閉店後に200枚~300枚の誤差メダルがありましたがデータラインテスターで検査したところ、不良の外部集中端子板を数枚発見できたので誤差がなくなりました。使用して約1ヶ月で不良外部集中端子板を8枚発見でき、非常に良い商品を購入できました。
  • ケース2
    最初はデータラインテスターを本部で数台購入し、店舗に貸し出していましたが、高い割合で外部集中端子板の不良が発見できたため、中古台利用が多い店舗には1台ずつ導入し、活用しています。
  • ケース3
    新台で誤差が出てゴトを疑いましたが、データラインテスターのボーナスモードで検査を行ったら外部集中端子板の不良が見つかりました。外部集中端子板を交換すると誤差がなくなり、非常に助かりました。
  • ケース4
    以前は、誤差が出た際には時間をかけて回し、ボーナスを引いて払出しの確認をしていましたが、データラインテスターは自動で何百枚も払出しを確認できるので、大幅に時間を短縮でき、スタッフの残業代も削減されています。大変良い商品だと思います。

 

本製品注意事項

  • 本製品の仕様、デザインは予告なく変更する場合があります。
⇒検査器一覧に戻る

ページトップへ